☞TOPページへ

2011年07月07日

★「アマゾン」と「楽天」〜どっちがいい?

いきなり答えに困ってしまうようなタイトルですが、
Amazonと楽天といえば、ショッピングサイトの二大企業。いわばコカコーラと
ペプシ、グーグルとヤフー、トヨタと日産みたいに、「どちらがいいか」
なんて決めるのはヤボなくらい「どちらもおなじみ」の存在ですよネ。
当ブログはご覧の通り、アマゾンでのお買物をサポートするアフィリブログ
ですから、とーぜんアマゾンに一票(笑)ということになりますが、正直言って
どちらが上か下か、優れているかいないか、といったモンダイではないような
気がします。要するに、その人の嗜好と志向、ライフスタイル、
ネットショッピングに対する考え方などによっても大きく左右されます。

とはいえ、アマゾンと楽天はその大ワクにおいて大きな違いがあると思います。
それは広い意味での「ブランドイメージ」ということにほかなりません。
今回は細かい点は抜きにして、そこに絞ったお話をしたいと思います。
よく、アマゾンは「テナントも入ったデパート」
楽天は「商店街」、などに例えられたりします。つまり、アマゾンはマーケット
プレイス
や最近では一部のメーカーも参入させて販売も展開していますが、
あくまで売り手は「アマゾン」である、ということ。(もしくはそのイメージを
全面に出している) 楽天は自他共に認めるショッピングモールですから、
同じ商品をA店もB店も扱っていることがフツーにあります。
アマゾンでも商品によってはそういうこともありますが、あくまで新品と中古
というように商品ごとの棲み分けであり、店単位でそれを誇示するということは
ありません。つまり、デパートで買う、というのと、商店街で買う、という
「買物のスタイルそのものがあなたのイメージ」ということなのです。
そう、もう一度書きますが、「あなたのイメージ」、なのです。

たとえば、「そのTシャツどこで買ったの?」と聞かれたとき、
「アマゾンで買ったの」と答えるのと、
「楽天で買ったの」
と答えるのとでは、相手に伝わる印象がガラリと変わってくる、ということです。
「楽天で買ったの」の場合、「いくらしたの?」(=安かったのかな?)
(=いろいろまわって掘り出し物見つけたんだあ)
「アマゾンで買った」の場合、「へえ、アマゾンでそんなの売ってるんだあ?」
(=ちょっとシャレてるんじゃない?)

などなどなど……。これらはほんの一例ですし、「そもそもそんなの気にしない」
「いい商品が手に入ればそれでいい」という人もいるかもしれません。
が、最初の方に「広い意味でのブランドイメージ」
書いたのは、まさにこのことなのです。あなたが、どちらの店で買ったかは、
最終的にはそのブランドイメージを、あなたが身にまとう、ということなんですネ。
たとえ同じ商品を同じ値段で買ったとしても、アマゾンで買った、のと、楽天で買ったのとでは広い意味での(他人に伝わる)目に見えない価値観が
「ちがう」ということなんですネ。ちょっとだけ、そこのところを考えて
(感じて)みるとネットショッピングがもっと楽しくなるかも知れません。
……ちょっと奥歯にモノがはさまったような言い方……(笑)
次はもう少しストレートに書きましょう。

(長くなってしまいました。このテーマは違った角度からまた書こうと思います。)




TOP

⇒TOPページから見てネ♪



ラベル:Amazon 楽天

2011年06月25日

★アマゾンからのメールが「ウザい」と思ったら、さっさと切ってしまいましょう。

アマゾンの大きな特長は、その強力な「レコメンデーション機能」にあると
いわれています。これは、簡単に言ってしまえば「ユーザーが求めているものを
先回りして提案する機能」
です。具体的に言うと、あなたが一度でもアマゾンで
買物をしたことがあったら、
「こんな商品もあります」
「こんな商品はいかがですか?」
と、
メールなどでおすすめしてくるはずです。あるいは、ログインした状態で
アマゾンのサイトをまわり、商品などをクリックするとその情報も
アマゾン側でチェックされたりします。

こういったサービスを「いたれり尽くせりで親切だなあ」
と思う人もいれば、反対に、
「なんかいちいちウザいんだよね」と思う人もいるかも知れません。
あるいは「プライベートを見られているみたいでイヤだなあ」という人も
中にはいるようです。そんなときは迷わずに「レコメンデーション機能」を
自分流に変えてしまえばいい
ワケです。

それらの操作は「アカウントサービス」で簡単にできます。
アマゾンのサイトに入って右上のタブにありますね。ここでそういったサービスを
カスタマイズしてしまいましょう。

アカウントサービス

まずは「アカウントサービス」をクリックしたら、「アカウント設定」をチェック。
 ↓
・デリバーズ(お買い得情報メールマガジン)の登録状況
〜いらないものは全部「購読を中止する」にしてしまいましょう。
・Amazon.co.jp 情報配信サービス
〜メールを必要としないなら、「Eメールの配信を希望しない」にチェック、保存。

その他、Eメール情報、ほしいものリスト情報など、ほとんどのお客様情報や
サービスはこの「アカウントサービス」でできちゃいます。
たとえば、「表示履歴の管理」で[表示履歴をオフにする]にすれば、
最近チェックした商品、最近検索した商品なども表示されなくなります。
「やっぱり必要だな」と思ったら元に戻せばいいだけです。

よーするに、アマゾン側ではさまざまな情報サービスを用意していますが、
必要ないものは切ることができますよ、ということ。
「自分が一番使いやすくて気分のいい設定でアマゾン・ショッピングを楽しんで
くださいネ」、ということにほかなりません。






TOP

⇒TOPページから見てネ♪




2011年06月23日

★現在、「ほしいものリスト」はデフォルトで、「非公開」になっています。安心してください。

どうもグーグルの検索などを見ると、アマゾンに対する誤解を生むというか、
早い話が「情報が古い」ようです。たとえば「アマゾンは1.500円以上買わないと
送料無料にならない」などは典型的なパターン。今はほとんどが送料無料
で、有料は例外なくらい。
(送料は基本無料。ややこしいのでそう覚えておいた方がいいくらいです)
もう一度書きますね、
アマゾンはほとんど全商品といっていいくらい送料無料です。

関連記事
★「アマゾンは1.500円以上買わないと送料無料にならない」という都市伝説?


また、「アマゾンのほしいものリストを使うとデフォルトが『公開』になっているので
プライバシーがバレバレになってしまう」などという情報も見かけたりします。
が、これも今はナシ。少し前はちがっていたようですが、ほしいものリストは
デフォルトで『非公開』
になっているはずです。
ほしいものリスト=これは使わない人には無縁かもしれませんが、
以前は「ウィッシュリスト」と呼ばれていました。これは、Amazon.co.jpで
販売されている商品をリストアップして、友人や家族に知らせることができる
便利な機能。東北大地震の被災者のみなさんなども上手く利用していらっしゃる
ようです。このように「ほしいものリストは公開してもいい、むしろしたい」
という人は、もちろんそうしてもOKだし、使い方もいろいろです。

よく使われるのは、
たとえば友だちや恋人に「誕生日プレゼント何がいい?」と聞かれたら「私の
ほしいものリストを見てネ」
なんて簡単に欲しいものを伝えられたりしますよね。
アマゾンのトップページ、右上のタブから入れますので、
興味のある方はぜひ眺めてみてください。
リストの公開・非公開、名前欄やメールアドレスの設定なども
行えます。いずれにしても、
「最初は非公開」になってますから、
あなたのプライバシーが外に漏れることはありません。ご安心を!





TOP

⇒TOPページから見てネ♪




2011年06月20日

★アマゾンポイントを貯めよう/使おう!

アマゾンで何度か買物をすると、下のような表示を見かけることがあります。

アマゾンポイント

これがよーするにアマゾンポイント。商品によって付いているものと
付いていないものがありますよね。
ポイントが付いてる商品を買うと、もちろんそのポイントが付加されます。
これがバカになりません!
1ポイント1円ですが、よーするに300ポイントだと300円、500ポイントだと
500円、貯まった点数分だけ、次のお買物で使うことができます。

Amazonポイントについて

尚、「今、どのくらいポイントが貯まってるかなあ」の確認は、

上のほうにあるタブの、アカウントサービス⇒
「マイポイント(Amazonポイントの獲得・利用履歴)を確認する」

から確認できます。

そう、つまり、アマゾンでの買物は、
ヘビーユーザーになればなるほどお得、
というわけです ^^




TOP⇒TOPページから見てネ♪

2011年06月18日

★マーケットプレイスって、結局何なの?

何度かアマゾンで買物をした人なら馴染みがあるかも知れませんが、
慣れない人にとっては「マーケットプレイス」というのがイマイチわかり
づらいかもしれませんね。これはよーするに「中古販売」と覚えておけばいいと
思います。(一部新品もありますが、その方が混乱しないです)
つまり、売っている人=業者もアマゾンではありません。
アマゾンは場所を提供してるだけです。だから、逆にあなただって売りたいモノが
あれば出品できちゃいます(笑)
出品サービス(個人)

さて、買うときの注意ですが、そーゆーわけでマーケットプレイスは
アマゾンが売っているわけではないので、
その販売者それぞれで送料や配達日時、その他サービスがちがうということ。
繰り返しますがマーケットプレイスは
「アマゾンとは別もの」です。
アマゾンが売っている場合には▼その表示がちゃんとありますヨ。
アマゾンが販売
そのかわり「中古だからお得・格安」ということもとーぜんあります!
たとえば、プライスのそばに「中古品○点」なんてあるときはしっかりチェック。
新品にこだわらないのなら、かなり安く手に入るかもです♪
クリックしてみましょう。
中古品クリック

本なんかだと▼こんな表示も少なくありません。

中古品2
それと買うものを決めてレジまで進もうとしたとき、こんな表示の商品も
たまにあります。

これは「アマゾン以外でも他の人=業者が扱ってるよ」ということ。
これも値段や商品の状態、配送サービスなどをしっかりチェックして
一番納得のいくところから買うといいでしょう。
中古3
いずれにせよ、
買う側の選択肢が広がるマーケットプレイス。
賢く、お得に利用しちゃいましょう♪


アマゾンマーケットプレイスについて


TOP⇒TOPページから見てネ♪


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。